現在の位置: Home >> 史跡旧跡
分かち合うまで:
フォントサイズ:
史跡旧跡

宿遷市の史跡と旧跡が多くて、特色もある。泗洪県の松林庄古い類人猿遺跡が世界考古専門家から「化石宝庫」と言われて、「下草湾人遺跡」が華東地区で発見した一番古い古人類の遺跡で、「順山集遺跡」が江蘇省で発見したもっとも古い新石器時代遺跡である。古い建物が洪水、戦争などの破壊を受けて破損し、今まで残っていたのが明黉学大成殿、清敕封顕佑伯行宮、道生碱店,清初敕建安澜龍王廟つまり乾隆行宮などある。乾隆行宮が蘇北でめったにない古い建築群である。「極楽律院」は華東の大寺院の一つ、内部の主体建築の大雄宝殿、蔵経楼、玉佛楼などが完全に保存されて、めったにない木構造の「人字はり」がある。項王故里の建築が壮大で、項王が植えたエンジュもいきいきしてる。宿遷で古い墓と石碑が多くて、1985年に出土した元代の「三皇寺の碑」がちょっと古いもので、乾隆行宮の乾隆帝が書かれた御碑も貴重なものである。泗阳三庄汉墓群、泗洪重崗漢墓群、下相城遺跡、凌城遺跡、宿豫城遺跡、宿迁城遺跡などたくさんある。まだ開発していない泗洪崔庄漢墓が王侯一級の遺跡と確定された。また、徐文化遺跡の「鹄苍冢」、「三国鲁肃家井」、虎踞龙蟠的「浮山堰」、明時代の城壁遺跡と清末楊泗洪の墓などある。現代の革命記念館なら宿北大戦記念塔、記念館、雪楓墓、朱家崗烈士墓、江上青墓、吴苓生墓などある。

走査二次元コード収蔵本ページリンク
打印本页 关闭本页 返回顶部