現在の位置: Home >> 歴史沿革
分かち合うまで:
フォントサイズ:
歴史沿革

宿遷市が江蘇省の北部と淮河の南岸に位置して、春秋時代に鐘吾国と呼ばれて、その後、宿国がここに遷都した。秦の時代に下相県を設置し、東漢と西晋時代を経て、東晋時代(紀元405年)に宿豫県と改名した。南北朝と隋朝では宿豫県と呼ばれ、唐の代宗時代(紀元762年)に皇帝の李豫と同名の原因で宿遷県と改名した。また境内に懐文県、潼陽県、桃源県と臨淮県など設置したこともある。それからの宋、元、明、清などの時代に県を設置したり、廃棄したり、何回も繰り返した。抗日戦争と解放戦争時代に運河の東が宿豫県で、運河の西が一度泗宿県に属して、今の「晓店」の北から新安鎮までが宿北県である。1945年9月から1946年7月まで、泗宿県に属した宿遷市を設立した。1946年6月、宿遷県(運河の東西を含む)と宿北県の新沂河の南部が宿遷県を合弁し、淮陰専区に属した。1983年では淮陰市に属する。1987年12月31日に国務院の許可より宿遷県を取り消し、県級宿遷市を設立した。1996年7月に国務院の許可より県級宿遷市を取り消し、地級宿遷市を設立し、沭阳、泗阳、泗洪、宿豫の四つの県と宿城区を管轄し、市政府の所在地が宿城区である。2004年3月に国務院の許可より宿豫県を取り消し、宿豫区を設立した。

走査二次元コード収蔵本ページリンク
打印本页 关闭本页 返回顶部