現在の位置: Home >> 人文歴史
分かち合うまで:
フォントサイズ:
人文歴史

宿遷市の歴史が長い、文化が繁栄で、昔から「華夏文明の脈、淮河文明の源、楚漢文化の魂」と言われた。市内の泗洪県天崗卿松林庄で発見されたテナガサルの化石が今まで1000万年前のもので、アジアでは一番で早い化石である。双溝地区では今まで約5万年前から古代の人類の下草湾人が水辺で生活していた、考証よりそこは世界人類の起源の一つである。泗洪県順山集で発見した今まで8000年前の遺跡が江蘇省内に一番早い新石器時代の遺跡として確認されて、江蘇省の文明歴史を元よりを1600年溯った。伝説より夏、商、週の時代に徐夷という古い民族の人がここで生活していた。紀元前113年、古い泗水国がここで奠都し、132年の統治を続いた。秦の時代に下相県を設立し、東晋の時代に宿豫県を設立した。唐の代宗宝应元年に当時の皇帝の代宗李豫と同名の原因で宿遷と改名した。宿遷市は革命の発祥地で新四軍より建設した淮北抗日民主根拠地が全国の19大の根拠地の一つである。宿遷でたくさんの英雄を育成した、たとえば西楚覇王の項羽、南宋時代に抗金名将の劉世勲、晩清の抗日民族英雄楊泗洪、人民砲兵の定礎人の朱瑞など。北宋時代の有名な科学家の沈括と清代の詩人の袁枚が宿遷の官吏をしたこともある。劉少奇、陳毅、鄭子恢、張愛萍、張震、李一氓、劉瑞龙など革命家が宿遷で戦ったこともある。彭雪枫、吴苓生、江上青など数多い革命烈士が宿遷で犠牲し、今でも人民の仰ぐをうけている。

走査二次元コード収蔵本ページリンク
打印本页 关闭本页 返回顶部